2018年06月20日 韓国囲碁事情

朴廷桓、2017囲碁大賞MVPに

朴廷桓九段が2017囲碁大賞MVPの主人公になった。12月28日、ソウルの湖巖アートホールで開かれた2017囲碁大賞で朴廷桓九段が通算4回目MVPの栄誉を抱いた。

49ヵ月目ランキング1位を走っている朴廷桓九段は人工知能のDeepZenGo(ディープゼンゴ)を含めた韓中日代表が競ったワールド囲碁選手権(WGC)で優勝し、年末年始に中国で行う3期夢百合杯世界囲碁オープン戦決勝に出場して優勝を眺めています。

今年最多勝、勝率、連勝記録三部門でいずれも1位を占めるなど独歩的な一人者の地位を構築しています。

韓國棋院が選定した2017年囲碁界10大ニュース

(財)韓国棋院が選定した2017年囲碁界10大ニュースは次のようです。10大ニュースの順位は別に決めません。

■女流棋士、世界女子囲碁界を完全征服

韓国の女流棋士らが2017年世界女子囲碁界を席巻した。

韓国は5月の天台山農商銀行杯世界女子団体選手権戦、6月に開かれた黄龍士精鍛科技杯世界女流囲碁選手権戦で主催国の中国を破って優勝した。

11月には崔精(チェジョン)八段が穹窿山兵聖杯世界女子囲碁選手権戦で、12月にはIMSAエリートマインドゲームズで総合優勝を達成した。

■2017大韓民国の囲碁フェスティバル、歴代囲碁の行事最多観客記録

2017大韓民国の囲碁フェスティバルがプロ.アマ大会参加者4000人余りと全国から集まった囲碁ファン一万6000人余りなどの両日間、二万人余りが共にして囲碁界のイベントでは歴代最多観客を記録した。

■人工知能(AI)と一緒にした囲碁時代、新たな局面創出

囲碁人工知能(AI)が様々な形で囲碁界の面貌を変えて、人間とAIの共存が囲碁界の新しい風俗図として定着した。

昨年グーグルアルファ碁がイセドル九段に勝利した後、人工知能シンドロームを巻き起こした囲碁人工知能は2017年3月ワールド囲碁選手権(WGC)で人間とタイトルをめぐって初めて対決を繰り広げた。

3期Mlily夢百合杯世界選手権戦にDeepZenGo(ディープゼンゴ)がワイルドカードを得て本選32強に進出した。人間と人工知能の対決は数回あったが、本格的な世界大会に選手の資格で出場したケースは初めてだった。

5月に開かれた「囲碁の未来サミット」ではアルファ碁が中国ランキング1位の柯潔九段と三回の対決をすべて勝利した後、囲碁界引退を宣言した。

その直後グーグルは50局のアルパコ自体対局を公開した。10月には囲碁のルールの以外に何の情報や助けなしに自ら強化学習を通じて、既存のマスターバージョンを追い越したアルパコゼロ(AlphaGo Zero)に進化した。

中国の囲碁人工知能の絶藝(Fine Art)は、リアルタイムで勝負の予測プログラムを披露した。主要世界大会でプロ棋士たちが絶藝の変化図を研究しながら検討するのが違和感のない光景になった。

■朴廷桓ᆞ朴永訓、夢百合杯共に決勝進出で、優勝確定

韓国が朴廷桓(パクジョンファン)ᆞ朴永訓(パク・ヨンフン)九段の活躍で2年ぶりにメジャー世界大会優勝を確定した。

夢百合杯世界囲碁オープン戦同伴決勝進出で韓国は2016年2月姜東潤9段のLG杯優勝以後、2年ぶりにメジャー世界大会優勝を確定した。

■正官庄皇眞丹、KBリーグ統合優勝し、創設後初のチャンプに

正官庄皇眞丹(ファンジンダン)がチャンピオン決定戦の最終局で2連敗後3連勝の大逆転勝ちを収め、創設後初優勝を獲得した。

2017KB国民銀行の囲碁リーグチャンピオン決定戦の最終戦で、正規リーグ1位の正官庄ファンジンダンが2位のポスコ(POSCO)を3-2で下し、総合戦績2勝1敗で優勝しました。

開幕戦から10連勝行進をするなど14勝2敗で1位でシーズンを締めくくった正官庄ファンジンダンは、チャンピオン決定戦でも勝利し、統合優勝を確定した。

正官庄ファンジンダンの金泳三(キム・ヨンサム)監督は監督生活7年ぶりに初優勝の感激を、チームの長兄の李昌鎬(イ・チャンホ)九段、主張の申眞諝(シンジンソ)八段も囲碁リーグ初優勝の栄誉を抱いた。

■申旻埈、農心辛ラーメン杯で6連勝の突風

申旻埈(シンミンジュン)六段が初出場した農心辛ラーメン杯で6連勝の突風で韓国棋士の最多連勝記録を打ち立て、5年ぶりの農心杯優勝奪還に青信号を明らかにした。

■安國鉉、GSカルテックス杯優勝で入段後の初タイトルを獲得

安國鉉(アングクヒョン)八段がGSカルテックス杯で優勝し、生涯初優勝カップを獲得した。

大会三回目の優勝に挑戦した金志錫九段とフルセット接戦の末に3-2で勝利した安國鉉8段は専門家たちの予想を破って逆転優勝に成功した。

■趙治勲、韓国国内棋戦初出場で話題

日本で活躍している趙治勲九段が「2017韓国棋院総裁杯シニア囲碁リーグ」に出場して話題を集めた。趙治勲九段が世界大会やイベント大会ではなく韓国国内大会に出戦したのは今回が初めてだ。

一方趙治勲九段は、釜山(プサン)を縁故にした新生チームKHエネルギーの主将を務めて7勝2敗を上げ、チームの創立初年度に優勝に貢献した。

シニア囲碁リーグを中継した囲碁テレビは視聴率が前年比平均50%以上上昇して趙治勲九段の人気を実感させた。

■韓国製紙女子棋聖戦、クラウンヘテ杯、チャレンジマッチなど新生大会創設ラッシュ

2017年様々な形の新生棋戦が創設され注目を集めた。6月女子個人戦最大規模の韓国製紙女子棋聖戦が調印式を通じて開幕を知らせたことを皮切りに9月のチャレンジマッチ、11月のクラウンヘテ杯など新生大会が続々と幕を上げた。

■地方自治団体の主催アマ囲碁大会、プロにも門戸開き

地方自治団体が主催するアマ囲碁大会の門戸がプロにも開放された。

囲碁大会を通じて地域の広報を希望する自治体はプロの参加で大会に対する関心が高まったことに鼓舞されてプロに大会をオープンする傾向は続く見通しだ。

  • 送料

    佐川急便 1,000円
    ※北海道・沖縄・離島は1,500円

  • お支払い方法


    クレジットカード・代金引換・銀行振込

商品検索
  • 営業カレンダー

  • 運営サイト